勤務中にエロイプ

勤務中にエッチなサイトを見た事があるという男性はいても、さすがに勤務中にエロイプを利用した経験がある男性というのは少ないかもしれません。ですが先日自分は、勤務中の女性とエロイプでオナニーをしてしまいました。
ちなみに勤務中なのは彼女だけで、自分は自宅の部屋でエロイプという形になります。

なぜそんな事が可能だったのかというと、彼女は看護師で夜勤中だったからです。
夜勤中で特に病室で患者から呼ばれる事がない夜は、時間を持て余してしまうから、エロイプで楽しんでいると言っていました。
顔は隠していましたが、首から下はバッチリと映像に写っていて、ナース服に興奮してしまいました。
彼女も彼女で勤務中にエッチな事をしているという状況に凄く興奮を覚えているみたいです。

もう触る前から下着が濡れているのが映像からも分かりました。
彼女は真性のM女だったので、あえて彼女をイジメるようなセリフを言いました。
自分は別にSっ気があると思った事はなかったのですが、初めてのSMプレイに素質があるのかもしれないとハマってしまいそうです。

それにしてもこんなエッチな看護師さんがいる病院に入院して、エッチなご奉仕とかされたいし、病室のベッドでエッチがしたいと本気で思ってしまいました。これってまさに男性の夢ですよね。

オナ電とセックスの組み合わせて興奮度アップ

付き合って最初のころは週に何度も求めた恋人とのセックスも、だんだんとマンネリしてしまって最近ではしばらくご無沙汰しているというカップルも少なくないようです。
しかしそんな状態が長く続いてしまうと、セックスレスが原因で破局といった事態にならないとも限りません。
ここでは、そんなセックスレス状態に陥ったカップルがマンネリを打開して再びセックスを楽しむようになった理由を紹介しましょう。
そのカップルは交際を始めて約2年、近頃はお互いセックスにマンネリを感じていました。
このままではセックスレスになって関係が危ぶまれるかも…と感じて、二人は話し合いをすることにしました。
とはいえ、お互い相手の顔を見ながら真面目にセックスについて話をするのは照れ臭いと、電話で話すことにしたのです。
内容が内容ですからいろいろときわどい単語や状況が言葉になって交わされるうちに、お互い何だか興奮してきて、その場でオナ電に至ってしまいました。
リアルなセックスはマンネリだったのに、オナ電ですごく興奮した二人は、その後オナ電とセックスを合わせてセックスを行なうようになりました。
まずはオナ電で十分に興奮を煽ってその後にセックスをするという方法で、二人は以前のように情熱的なセックスを楽しめるようになったそうです。